4人の子供をモンテッソーリ教育で育てたモンテママからのメッセージ。


  助産師の先生にお聞きする!横浜市都筑区ママスハウス!
今日は助産師の高橋先生をお訪ねしました。高橋先生は助産師として大学病院等て経験を積まれたのち、ご自分も港北ニュータウンにて子育てをされてきました。そうした経験を生かし、センター北駅前でママとベビーの相談室「ママスハウス」を開設されています。完全予約制で出産に向けての相談から、出産後の母乳相談、マッサージ、アフターケアまで個別にお応えいただけます。都会、核家族化の中での「弧育て」などといわれる状況の中、本当に頼もしい存在です。
経験、お人柄含めて理佳ママの一押しです。
ぜひ、出産前から一度カウンセリングを受けられておくことをお勧めいたします。


<理佳ママ>
こんにちは!同じ横浜都筑区にこんなすてきな先生がいらっしゃるなんて知りませんでした。

<高橋先生>
ほんと!お近くですものね!今日はよろしくお願いいたします。

<理佳ママ>
よろしくお願いします。早速ですが「助産師」というお立場についてお話しいただけますか?

<高橋先生>
助産師は自宅や病院等で出産に立会い、字のとおり「お産を助ける」のが狭義の意味での助産師の仕事になります。しかし広義としては、出産前の身体的、精神的なケアから、母乳の相談、沐浴の指導に始まる出産後のフォローまで多岐にわたります。

<理佳ママ>
自宅で出産を希望される方にも対応されているのですか?

<高橋先生>
昔は「産婆さん」に家にきていただき、家族の見守る中での出産というものが多かったのですが、今は少なくなりました。しかしご自宅で出産したい!とママが思った時に、その選択も選べる環境は残していくことは、私の大切な役割だと思っています。

<理佳ママ>
素敵ですね!自宅での出産の良い点について教えていただけますか?

<高橋先生>
自宅なので、なによりもママがリラックスして出産できるということです。そして、お母さんと赤ちゃんが密に寄り添っていられる時間が長いということです。

<理佳ママ>
本当ですね!モンテッソーリ教育の中でも、出産から二週間くらいまでを「母子共生期」として、この期間に母と赤ちゃんの間で「基本的信頼関係」が築かれるという意味でとても大切な期間とされています。
母乳に対する考え方は様々あり、私も乳腺炎などで苦労したのですが、先生のお考えを聞かせていただけますか?

<高橋先生>
「絶対母乳出なければいけない!」といったこり固まった考えは持たないことです!そうしたプレッシャーがより出なくなってしまう原因なんですよ。「がんばりすぎない」まずここから始めましょう。
妊娠期、授乳期の母親の食べ物に対しても「がんばりすぎない」気持ちは大切です。「これを少しでも食べたら、もう大変!」と言った「罪悪感」は体に悪影響を与えます。
ただ、授乳期に限らず、これから子供を育てていくということは、行く行くの子孫への責任を担うということですから、【妊娠を一つのきっかけとして、食生活だけでなく、生活の習慣を見直す】ことはとても大切なことだと思います。

<理佳ママ>
なるほど。そうした先生の「大局を見られたおおらかさ」がママたちの救いになるのでしょうね!
「産後うつ」についてご意見を聞かせていただけますか?

<高橋先生>
「マタニティ−ブルー」と総称されがちですが、「産後うつは正式な病気であり、妊娠後には誰もがなり得るものだ」というしっかりした認識を、母親も父親もそして見守る祖母が持つことが第一歩です。特に出産直後から2週間の「早期うつ」のきっちりしたケアが大切です。この期間は母親一人では子育ては難しいので、父親であり実家の母といった「サーポートするキーパーソン」の存在が不可欠です。こうしたキーパーソンがしっかりとした知識と、過剰な期待やプレッシャーを与えないことが大切です。
特に新米パパは「新しくママとなった妻に対して、感謝の心を言葉でしっかり伝える」ことから始めて欲しいものです。
<理佳ママ>
トッポンチーノを手に取られていかがですか?
<高橋先生>
大きさがとてもよいですね。これでしたら新生児でも安心して抱っこできますね。
ぜひ、広めていきたいものです。
<理佳ママ>
本日はありがとうございました。まだまだ聞き足りないことがたくさんありますので、また次回以降の企画とさせていただきたいと思います。
私のお知り合いのママもどんどん紹介しますので、よろしく導いてください! 

<高橋先生>
また、ぜひお話しましょう。ありがとうございました。

「ママスハウス」横浜市都筑区 センター北駅すぐ http://www.mamas-h.com/



■随時セミナーを開催中です

本当に便利!
理佳ママおすすめ!
トッポンチーノ
幸せなマタニティライフの
水先案内人